コンテンツ一覧

基礎知識

不動産登記

いわゆる中間省略登記

相続登記

贈与登記

抵当権抹消登記

遺言

当法人のご案内

お問い合わせ ナヤミヨヨイと解決フリーダイヤル0120783441 電話番号0334310303

受付時間 9時から20時(平日)10時から19時(土祝)

所在地 郵便番号1050001 東京都港区虎ノ門5丁目1-5 虎ノ門45MTビル3階

アクセスMAP

司法書士法人H&Wトラスト(旧原内直哉司法書士事務所)HPはこちら

運営サイト一覧

債務整理ねっと

敷金ねっと

帰化申請ねっと

成年後見ねっと

法務部ねっと

不動産登記のご相談は、司法書士法人H&Wトラストへ

ごあいさつ

売買契約による土地や建物など不動産の名義変更や,相続による名義変更などの登記手続でお悩みの方は,ぜひ私たちにご相談ください。

国家資格である司法書士は,土地や建物といった不動産の名義変更手続や相続登記手続を代行するプロフェッショナルです。

わたしたち司法書士法人H&Wトラストには複数司法書士が在籍しておりますので,お客様との関係をより永続的に強化でき,かつ,一司法書士の考えに隔たることがなく,クオリティーの高い業務を遂行することが可能であり,長期化するような取引においても,安心してご依頼いただけます。

不動産登記のいろいろ」

基礎知識
登記ってよく聞くけど,どういったものなのか,少し難しいですが不動産の取引をするうえでは,とっても重要です。
基本的なことから紹介していますので参考にしてみてください。

詳細はこちら

不動産登記
不動産登記制度とは,不動産の基本情報を法務局に登録しておくことで,他の人に自分が所有者であると公に主張できるのです。不動産登記といっても,さまざまな手続きがあって内容も複雑です。

詳細はこちら

いわゆる中間省略登記
いわゆる中間省略登記という方法によって登記せずに所有権が転々としているような場合でも所有権移転登記を1回で済ませ登録免許税などを節約することもできるのです。

詳細はこちら

相続登記
身内の方など親族が亡くなられたときには相続の手続きが必要になります。特に相続は権利関係が複雑であるケースが多く,用意したり作成しなければならない書類がたくさんあります。

詳細はこちら

贈与登記
不動産を贈与した場合や,贈与により譲り受けた場合に必要な手続きについて紹介しています。贈与と言ってもさまざまな方法がありますので,これから贈与を検討している方も是非,ご参考ください。

詳細はこちら

抵当権抹消登記
住宅ローンを組む際に担保として抵当権を設定していることが多いですが,その抵当権を解除や放棄した場合,さらには住宅ローンなどの債務を弁済したことによって登記されている抵当権を抹消する必要があります。

詳細はこちら

遺言
どのような内容でも,遺言を作成することができます。しかし,後に問題が生じてしまうような場合であったり,希望どおりの法的な効力を持たせるためには守らなくではいけないルールがいくつかあります。

詳細はこちら

「登記手続を依頼するメリット」

  • 忙しくて登記手続をしている時間がないような場合でも,司法書士が複雑な登記手続を代行します。
    大切な不動産の権利に関する手続きですので,必ず専門家にご相談ください。
  • 司法書士という立場からお客様のご状況を判断して,より良い方法をアドバイスさせていただきますので,後から登記しておけば良かったというようなことがなくなります。
  • 不動産登記(相続登記,抵当権設定・変更・抹消登記,売買による所有権移転登記,贈与による所有権移転登記,住所変更登記)など多数の事件を処理している司法書士に任せているという安心感が最大のメリットかもしれません。

登記の重要性

土地や建物が誰のものか,また,どのような権利関係が存在するのか,目に見えるようにするための制度が不動産登記の制度です。
土地であれば,どこにあるのか,どのくらいの広さがあるのか,家が建てられる土地かどうかなどが分かり,建物であれば,鉄筋造か木造かなどの構造や,何階建てでどのくらいの広さなのかなども分かります。
また,登記をすることで,その土地が自分の物だと主張でき,不動産に対する権利を守るために重要な役割を果たします。

不動産は高価な財産です。日本の場合,不動産の権利を保全するためには原則として登記が必要です。当法人は,お客様の権利を擁護し,かつ,お客様の満足100%を得られるよう徹底して業務改善を行っております。是非当法人の扉を叩いてください。
ページの先頭へ